外壁塗装でお家リフレッシュ

タイル調などの外壁

チョーキング現象と外壁塗装のタイミング

チョーキング現象と外壁塗装のタイミング 外壁塗装は劣化した外壁を新築の時と同じ耐久性に戻すためのリフォームで、定期的に外壁塗装を行う事で、家の外壁の耐久性を維持させる事が出来るようになる大切なリフォーム工事です。
外壁は太陽の紫外線や熱、雨や風などの自然からの攻撃を受ける部分でもあり、攻撃を受ける事で耐久性は日々劣化する事になります。
そのままにしてしまうと、雨が降った時などは外壁から雨水が浸み込みやすくなり湿気が建物内部に入りこむ、ひび割れている部分からは雨が内部に入ってしまい、雨漏りの原因や木材および金属を腐食させてしまう原因にも繋がります。
尚、塗料に含まれている樹脂成分は、劣化が進むと表面に表れるようになります。
これは白亜化と呼ばれている減少で、外壁の劣化が生じているサインでもあり、白亜化はチョーキングとも言われている減少で、外壁を指先で触れた時に、白い粉が付着している場合は外壁が劣化をしているサインであり、早めに外壁塗装を行う事をお勧めします。

外壁塗装を行う必要性とは?

外壁塗装を行う必要性とは? 建物を風雨や紫外線又は赤外線から保護してくれる外壁は、建物にとって重要な部材です。
外壁塗装は住宅のサイディングやマンションをはじめとする鉄筋コンクリート造の壁に行います。
どちらに関しても建物にとっては必要性が高いものです。
住宅のサイディングであれば、耐用年数はメーカーとモデルによって異なりますが10年を過ぎれば何かしら対策が必要になります。
窯業系と呼ばれるセメント質と繊維を固めて作るサイディングは、表面を触った際に白い粉が付くようになれば劣化が始まっています。
早めの塗装を行わなければ、雨水を吸い込んでボロボロになる事もあります。
鉄筋コンクリート造の建物は、塗装の皮膜によって撥水効果を発揮しコンクリートを保護しています。
コングリートはアルカリ性で酸性に弱い鉄筋を守っていますが、年月が経ちコンクリートが中性に近づくと鉄筋が錆びてしまいます。
外壁塗装は、コンクリートを守り中性化する速度を遅らせる作用があり重要です。

Copyright © 2016 外壁塗装でお家リフレッシュ all rights reserved.