外壁塗装でお家リフレッシュ

タイル調などの外壁

タイル調などの外壁にクリア塗料を使い外壁塗装を

タイル調などの外壁にクリア塗料を使い外壁塗装を 家を長持ちさせるには、定期的にメンテナンスを行うことが必要です。
特に、屋根や外壁というのは、毎日紫外線をあびているため、日々劣化が進んでいますから、メンテナンスは重要です。
一般的に10年に1度は外壁塗装を行った方がいいといわれていますが、塗料にもいろいろな種類があり、特徴もさまざまです。
これから外壁塗装を検討している人もいるかもしれませんが、どの塗料を選べばよいか迷うかもしれません。
塗料は、外壁のタイプによっても選択するものが異なりますが、シリコン系やシリコン系が人気となっています。
最近は、モルタルの外壁よりも、サイディングが主流となっています。
サイディングには、もともと模様がついているものが多く、タイル調のものが人気があります。
ただ、タイル調のものに色付きの塗料を塗ってしまった場合、せっかくの模様が消えてしまい、デザイン性が落ちてしまいます。
そういった場合には、タイル調が生えるクリア塗料を使って外壁塗装を行うことをおすすめします。

ツートンカラーにアクセント色を追加し外壁塗装を行う

ツートンカラーにアクセント色を追加し外壁塗装を行う 外壁塗装を行う時、1色だけで行うケースとツートンカラーにするケースがあります。
ツートンカラーにする場合は、1階と2階の色を変える事で住宅のアクセントになりますし、デザイン的にも人気が集まっています。
しかし、単に2つの色を使うのではなく、1階と2階の境界線部分に、2つの色よりも濃い目の塗料を使ってアクセントをつけてあげると、1階と2階の色合いが明確になると言うメリットに繋がります。
例えば、1階部分を薄いグレーにして、2階部分を1階部分よりも濃い目のグレーにした時、中間に濃い目の茶系色などを使って外壁塗装を行うと、淡いグレーと濃いグレーの濃淡が明確になると言うメリットが出て来るのです。
尚、外壁塗装で使う塗料の色を決める場合は、カラーサンプルを外壁に押し当ててみるのがお勧めで、ツートンカラーにする場合も、2色のカラーサンプルを押し当てると同時に、間に濃い目の色のカラーサンプルを押し当てて、全体のバランスを見るのがお勧めです。

Copyright © 2016 外壁塗装でお家リフレッシュ all rights reserved.